NEWS

[屋外広告]ゼブラ電子様壁面内照サイン・門扉ステンレスサイン製作させて頂きました。LinkIcon
[イベント]第73回全日本総合女子ソフトボール選手権大会会場設営させて頂きました。LinkIcon
[屋外広告]おまかせオート石川様広告看板ご用命頂きました。LinkIcon
[イベント]大人気サイクルカート3台、F1レース風コース導入しました。LinkIcon
[イベント]ロードトレインを感染症対策徹底の上運営させて頂きました。LinkIcon
[屋外広告] ノブレス駅東公園分譲マンション様広告看板を設置させて頂きました。LinkIcon
[屋外広告]工務店様からご用命頂きまして看板をリフォーム致しました。LinkIcon

[屋外広告]クレアホームズ宇都宮城址公園様広告看板を設置させていただきました。LinkIcon
[屋外広告]アイダ設計本庄児玉店様広告看板を施工させて頂きました。LinkIcon
「屋外広告」掲載中のロードサインですが販売完了しましたので現在お申込みは終了しました。LinkIcon
[屋外広告]「栃木県県土整備部大田原土木事務所様」から看板のご注文を頂きました。LinkIcon
「屋外広告」 毎年9月10日は屋外広告の日です。2021の啓発ポスターです。LinkIcon
[イベント]2021/9/6 神主様お手配から承り、感染症対策徹底の上地鎮祭を実施させて頂きましたLinkIcon
[屋外広告]大田原市国体推進室様のぼり旗製作させて頂きました。LinkIcon
[イベント]レンタカー事業許可がおりましたLinkIcon
[屋外広告]お客様の声を追加しましたLinkIcon
[イベント]神主様・御坊様・牧師様お手配いたします。LinkIcon
[イベント]お客様から感謝状をいただきましたLinkIcon
[屋外広告]大田原市本町優良物件募集開始しましたLinkIcon
[イベント]感染症対策の上実施事例①新社屋竣工式LinkIcon
[イベント]感染症対策の上実施事例②ネクスコ東日本スマートIC 開通式LinkIcon
[イベント]感染症対策の上実施事例③公立中学校開校式LinkIcon

NEWS

株式会社アドトップ
代表取締役花塚明
本社:〒324-0045栃木県大田原市実取804-119
    電話0287-28-7327/FAX0287-28-7328
支社:アドトップ東京銀座店
   〒104-0061東京都中央区銀座1丁目3番3号 G7ビル7階
    電話03-4577-9525/FAX03-5770-7883
設立:平成10年1月7日(支社 平成25年5月1日)
事業内容:屋外広告業、イベント会場設営、備品レンタル業
免許:栃木県競争入札参加者 登録番号 4250-12
   屋外広告業者登録証 000826号
   東京都電子入札参加資格者 受付番号 213799
   食品衛生責任者 2名
   メンタルアップマネージャー1級 1名
   住宅販売士 1名
   建築フィルム施工者2級 1名
   フォークリフト、足場組立、高所作業者、移動式クレーン 特別教育修了証 1名
   エア遊具安全講習会 修了証 3名
   屋外広告物点検技能講習会 修了者 3名
   民泊管理主任者 1名
   仮払機講習会 修了者 2名
従業員数:6名 専属アルバイト12名
取引銀行:大田原信用金庫本店・栃木銀行大田原支店・足利銀行大田原支店
取引先:栃木県様・大田原市様・東京都様・青源味噌株式会社様・那須高原中古別荘センター様・株式会社ヒーローライフカンパニー様・株式会社テラ様・株式会社小堀建設様・根本石油株式会社様・株式会社サクシード様・株式会社真田ジャパン様・株式会社ニコン様・TOTO様・株式会社二葉産業様他126社様
実績:東京都補助第315号線(東京オリンピック選手村予定地)開通式典企画施工運営/日本トイザらス八戸店・矢本店・郡山店・龍ヶ崎店・佐野店ロードサイン計画及び施工/大田原市まちなか学校事業業務委託施工・丸彦製菓株式会社新社屋竣工式企画及び施工/マロニエとちぎ緑化祭100日前祭/矢板北スマートインター開通式典/他多数

REPORT

屋外広告やイベントの企画運営ならアドトップへ!
いつでもご相談ください

おすすめスポット

■経営理念
「人の喜び、我が喜び」
“感じる感板”を一つでも多くご提案できるよう、様々な角度、視点から一歩先行く企画力を考え、企業の繁栄のお力添えに少しでもなれば幸いです。



とちぎテレビ「イブ6プラス」
2020.7.22放送

■社長プロフィール
昭和49年7月31日生まれ
妻・子供男2人
趣味・神社めぐり・ゴルフ・スキー・登山・温泉
生きる目的:家庭の幸せを求めそのために・会社を繁栄させそのために・お客様の満足を追求し・そうすれば地域の発展につながり・そして、それが日本を創生する足がかりになる、日本が創生すれば・世界が平和になる為にその一役を担う事を生きる目的とします。